チーム医療の一員としての役割を自覚し、質の高い薬剤師業務を目指します。/長崎市 長崎腎病院

薬剤課

理念

透析医療を中心としたCKDにおける薬物療法のスペシャリストを目指します。チーム医療の一員としての役割を自覚し、質の高い薬剤師業務を目指します。

 

基本方針

1.薬事衛生における専門職としての職能を発揮し、社会に貢献する。
2.確実かつ丁寧な調剤を行う。
3.根拠に基づいた医薬品の評価・適正使用を促進し実行する
4.自己研鑽・レベルアップを常に目指す。
5.患者・家族の立場に立ち、人格・権利を尊重する。
6.チーム医療の一員としての役割を果たす。

 

業務内容

○調剤:入院・外来透析患者の調剤を行っています。一般外来は院外処方箋を発行しています。
○処方管理
○中心静脈栄養の調整:クリーンベンチで無菌的に調製しています。
○入院時の持参薬の鑑定
○薬剤管理指導
○薬事委員会の事務局
○院内への薬剤情報発信
治験
○市販後の薬剤の特定使用成績調査
○長崎腎と薬剤研究会の事務局(長崎腎と薬剤研究会
学会等での研究発表

 

設備

○電子カルテ
○印字装置付き全自動錠剤分割分包機
○自動錠剤供給装置
○クリーンべンチ
○薬袋印刷システム

イメージ
薬剤課入口
イメージ
クリーンルームでの
中心静脈栄養無菌調整
イメージ
電子カルテPCデスク

このページのトップへ